2014年3月 ホームページを全面リニューアル 新しいサイトはこちら


2014年3月 ブログも移行 新しいブログはこちら



トップ├実践型コーチングセミナー > コーチング研修、言葉の使い方

<<前の記事 │“魂のコーチング”福岡のコーチングセミナー講師のHAPPY STORY│ 次の記事>>

コーチング研修、言葉の使い方

「“何のために”その目的が明確だと全てが楽しくなっていく」

『魂のコーチング』アクシスエボリューション田中伸一です。



司法書士法人・土地家屋調査士法人のプラス事務所様で5回目のコーチング研修を開催させていただきました。


今回は、前回の振り返りと「質問」をテーマに研修を進めました。

「言葉の使い方一つで、自分自身に与える影響、相手に与える影響が大きく変わる」、これが体感できるロープレも行いました。

福岡 コーチング 研修

福岡 コーチング 研修

福岡 コーチング 研修

アンケートの結果です。


1. セミナーはお役に立ちましたか?

・大変役に立つ 17名
・役に立つ 7名
・普通 0名
・役に立たない 0名
・全く役に立たない 0名


2. セミナーの内容はいかがでしたか?

・大変わかりやすい 12名
・わかりやすい 10名
・普通 2名
・わかりにくい 0名
・全くわからない 0名


セミナーの感想です。


・人の過ちを責めるような質問の仕方ではなく、いい所・成果にスポットを当てつつ、問題点に触れていけば、信頼関係に基づいた真の解決が図れると思いました。
言葉(疑問視)の選択一つでこうも展開が変わるんだと実感しました。


・普段、何気なくしている質問に、こんなにも意味があるのだということ。また、今まで怒られて嫌な気分になっていたのはWhyのせいだったのだと気づかされました。
きちんと覚えていて、同じ思いをさせないようにしたいと思います。ありがとうございました。


・WhyをWhat・Howに置きかえて質問するということは、非常に良いと思いました。つい“何で間違ったの?”と聞きがちですが“何が原因でそれが起こったのか?”と言うと、質問をする側もされる側もおだやかに考えることができると思いました。


・言葉の持つエネルギーで人生豊かにできるものと感じました。大変意義深いセミナーでした。


・大変、ためになります!更に伸びていきたいので、今後も宜しくお願い致します。ありがとうございました!!



こちらこそ、ありがとうございます。
私も一緒に更に伸びていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。



社員の一人ひとりのやる気と能力を引き出す人材育成コーチングはこちらをご覧ください。




『魂のコーチング』福岡のコーチングセミナー講師・アクシスエボリューション田中伸一の最新版セミナー情報はこちらです。




同じカテゴリー(├実践型コーチングセミナー)の記事画像
あっと言う間の営業マン向けコーチングセミナー
自分の軸が強化されるコーチングセミナー
自らが変わる!コーチングセミナー
「何を伝えるのか」よりも「誰が伝えるのか」
部下指導に活かすコーチングセミナー
私たちは相手のどういうところを承認しているでしょうか?
同じカテゴリー(├実践型コーチングセミナー)の記事
 あっと言う間の営業マン向けコーチングセミナー (2011-10-04 11:50)
 自分の軸が強化されるコーチングセミナー (2011-03-31 10:49)
 自らが変わる!コーチングセミナー (2011-03-08 22:02)
 「何を伝えるのか」よりも「誰が伝えるのか」 (2010-11-16 09:02)
 部下指導に活かすコーチングセミナー (2010-11-14 09:17)
 私たちは相手のどういうところを承認しているでしょうか? (2010-11-11 09:06)

この記事をブックマーク >> このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数

この記事をtwiiterに投稿 >>コーチング研修、言葉の使い方


人事評価,人事考課コンサルタント コーチングセミナー コーチングセミナー講師