2014年3月 ホームページを全面リニューアル 新しいサイトはこちら


2014年3月 ブログも移行 新しいブログはこちら



トップ★アクシスエボリューション通信 > 改革とは、この三つの壁をこわすことである

<<前の記事 │“魂のコーチング”福岡のコーチングセミナー講師のHAPPY STORY│ 次の記事>>

改革とは、この三つの壁をこわすことである

「自分の行動は、自分の選択で決まる。全ては自分次第」

“魂のコーチング”アクシスエボリューション田中伸一です。



毎月1回発行のメールニュースレター★アクシスエボリューション通信★2010年4月号を発行しました。


今月のタイトルは『改革とは、この三つの壁をこわすことである』です。

今回は『小説 上杉鷹山』童門冬二氏著より引用させていただきました。

『小説 上杉鷹山 童門冬二

アメリカ合衆国の第35代大統領ジョン・F・ケネディが最も尊敬する日本人としても、有名な上杉鷹山(治憲)。
米沢藩の9代目藩主として、領地返上寸前の米沢藩を再生し、江戸時代屈指の名君としても知られています。

その上杉鷹山(治憲)を主人公にした歴史小説『小説 上杉鷹山』(童門冬二著)中から、藩を甦らせた上杉鷹山の考え方の部分を紹介します。


ご興味のある方はこちらからどうぞ。



○公開セミナーのお知らせ○

・5月12日(水)~昼の部・夜の部とも4回シリーズ

自分が変われば、相手も変わる!
人間関係・コミュニケーションが劇的に変わり、
部下のやる気能力がぐんぐん上がる!!
リーダーのための実践型コーチングセミナー』


詳細は↓↓↓

“魂のコーチング”福岡のコーチングセミナー講師
アクシスエボリューション田中伸一の最新版セミナー情報はこちらです。




同じカテゴリー(★アクシスエボリューション通信)の記事画像
敵も生きていて欲しい
なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのでしょうか?
良寛は放蕩息子をどう改心させたのか?
他力本願の教え
他人に振り回されないために
答えは自分の中にある。見つからないときは・・・
同じカテゴリー(★アクシスエボリューション通信)の記事
 私たちに変えられるのは・・・ (2014-02-28 12:00)
 内側が外側に影響を与える (2014-01-31 17:31)
 宇宙の『意』として法則 (2013-12-27 16:33)
 思いどおりにならないことへの耐性 (2013-11-28 17:21)
 操ろうとするのではなく、信頼してみる (2013-10-31 10:00)
 あるがままを受け入れると (2013-09-30 11:19)

この記事をブックマーク >> このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数

この記事をtwiiterに投稿 >>改革とは、この三つの壁をこわすことである


人事評価,人事考課コンサルタント コーチングセミナー コーチングセミナー講師