2014年3月 ホームページを全面リニューアル 新しいサイトはこちら


2014年3月 ブログも移行 新しいブログはこちら



トップ★コーチング > コーチング、まずは信じる

<<前の記事 │“魂のコーチング”福岡のコーチングセミナー講師のHAPPY STORY│ 次の記事>>

コーチング、まずは信じる

コーチングは「コミュニケーションを通じて、相手に気付きを与え自発的な行動を促し、目標達成をサポートするシステム」と言われています。

そのためにいろんなスキルがあります。聞く、承認、質問、提案など。

どれも相手の能力を引き出すためには必要なスキルです。

本やセミナーで、コーチングスキルを学んでいる方も多いと思いますが、そのスキルを使う前提として、重要なのが、コーチする側のあり方です。

まずは相手を信じること。

例えば、質問で、「これについてどう思う?」って聞いても「どうせ分からんやろう」と思って聞くのと、「相手が答えを持っている」と信じて聞くのでは、全然変わってきます。


<部下を信じている場合>

上司  「これについてどう思う?」

部下  「・・・(沈黙)。わかりません。」

上司  「じゃあ、こういう角度から考えたら、どうかな?」

部下  「そうですね。それなら○○○」

と上司は部下にいろんな角度から質問し、答えを引き出そうとします。


<部下を信じてない場合>

上司  「これについてどう思う?」

部下  「・・・(沈黙)。わかりません。」

上司  「これも、わからんのか。お前はダメだな。」

部下  「・・・(沈黙)」

となり部下は自信喪失、または反発心が起きます。


部下を信じなくなった時点で、もう関係は終わりです。
思いは必ず、いつかは伝わります。

どんな人でも良いところや悪いところはあります。
問題はどこを見て、どこに可能性を見出すか。

どんなことでも、認められれば人は嬉しいものです。
まずは、相手を認め、信じることからです。


福岡情熱№1 組織活性化コーチング&人事コンサルティングのアクシスエボリューションHPはこちらです。
福岡情熱№1 組織活性化コーチング&人事コンサルティングのアクシスエボリューション



同じカテゴリー(★コーチング)の記事画像
コーチングで大事なものを一言でいうと
石井慧選手とコーチ
聞き方がコーチング
職場もご機嫌!ホメヂカラ
篤姫での言葉「人は心で動かすもの」
コーチ 平井伯昌
同じカテゴリー(★コーチング)の記事
 コーチングで大事なものを一言でいうと (2009-07-08 18:32)
 石井慧選手とコーチ (2008-11-04 23:59)
 聞き方がコーチング (2008-10-30 14:59)
 職場もご機嫌!ホメヂカラ (2008-10-07 14:13)
 篤姫での言葉「人は心で動かすもの」 (2008-09-15 16:02)
 コーチ 平井伯昌 (2008-09-05 09:59)

この記事をブックマーク >> このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数

この記事をtwiiterに投稿 >>コーチング、まずは信じる

『コーチング、まずは信じる』へのコメント

すばらしいです
渡辺久信西武ライオンズ監督と同じ考えだと思います
これからも拝見させていただきます
Posted by D-GENERATION X at 2009年03月27日 00:15
D-GENERATION X 様

はじめして。
コメントありがとうございます。
今後とも、何かお役に立てればと思います。
ありがとうございます。
Posted by アクシスエボリューション田中伸一 at 2009年03月27日 10:16
はじめまして。
「コーチング」・・・聞いた事がありましたが、何の事か・・・・と
とても参考になりました。
Posted by レンズまめレンズまめ at 2009年04月01日 21:54
レンズまめ様

はじまして。
コメントありがとうございます。

参考になったようで、私も嬉しいです。

昨日、NHKのプロフェッショナルという番組で「育てる」というテーマで放送がありました。基本的にはコーチングと同じ考え方でした。
相手の自発性を信じて、見守り待つと。
いい番組でした。
Posted by アクシスエボリューション田中伸一 at 2009年04月01日 22:02

人事評価,人事考課コンサルタント コーチングセミナー コーチングセミナー講師