2014年3月 ホームページを全面リニューアル 新しいサイトはこちら


2014年3月 ブログも移行 新しいブログはこちら



トップ├日常 > ターザン山本!会社は誰のものか

<<前の記事 │“魂のコーチング”福岡のコーチングセミナー講師のHAPPY STORY│ 次の記事>>

ターザン山本!会社は誰のものか

先日、ターザン山本さんの文章講座に参加しました。
田中伸一 ターザン山本

私は、もともとプロレス好き(今は総合格闘技好き)で、学生時代は大分にいたのですが、
東京にもよくプロレスを見に行っていました。

そして、当時「週刊プロレス」名物編集長のターザン山本さんとお話する機会があり、
なんと私のことを「週刊プロレス」に1ページ使って、記事にしてくれたこともあります。

その記事がこれです。
田中伸一 週刊プロレス

福岡でターザンさんの文章講座があると知り、18年振りの再会を楽しみに参加。

文章講座では、本の読み方、売れる本の作り方、経営について、そして、脳の喜ばせ方と
文章の書き方以外にも、面白くためになる話が盛り沢山。


その中で、ターザンさんが語った「会社は誰のものか」という話について。

会社はだれのものか?

株主のもの。
社長のもの。
社員のもの。

いろんな見方があるが、ターザンさんの考えは、お客様のもの。

そう言えば、ターザンさんが編集長をしていた当時、ターザンさんは
「週刊プロレスはファンのもの」と公言していました。

だから、ファンである私も記事になった。
それにより、プロレスファンが自分たちが大事にされる週刊プロレスをどんどん好きに
なっていきました。

視点を変えるといろんなものが見えてくる。

そんな逆転力の発想、私の脳が喜びまくりました。

ターザン山本さんの当日のブログはこちらです。


福岡情熱№1 アクシスエボリューション田中伸一のプロフィールはこちらです。



同じカテゴリー(├日常)の記事画像
読売新聞に掲載されました。『農業体験農園』
Facebook始めました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
その出来事の意味は・・・
ツイッター始めました
運動会と早朝勉強会への参加
同じカテゴリー(├日常)の記事
 読売新聞に掲載されました。『農業体験農園』 (2013-02-11 11:09)
 私たちは希望を持ち、愛と勇気で一つになり行動しています。 (2011-03-16 10:18)
 西日本に住む私達がしてはいけない事とすべき事 (2011-03-15 16:07)
 海外から届いている言葉たちです。 (2011-03-14 03:59)
 東北地方太平洋沖地震に伴う献血のお願い!(緊急) (2011-03-13 12:07)
 被災地のみなさん、頑張ってください。 (2011-03-12 21:19)

この記事をブックマーク >> このエントリーを含むはてなブックマーク はてブ数

この記事をtwiiterに投稿 >>ターザン山本!会社は誰のものか

『ターザン山本!会社は誰のものか』へのコメント

「会社はお客様のためのモノ」はじめ、ピンとは来ませんでしたが、
「プロレスがファンのためのもの」という視点からだと合点が行きました。
また、私なりの解釈ですが「愛してくれる○○」という相互関係も大切かもしれませんね。それにしても、田中さん18年前から熱いですねエ!
Posted by ミクニ齊藤 at 2009年02月23日 15:10
ミクニ齊藤様

いつもコメントありがとうございます!

いい言葉に出合ってもなかなか、自分の中でしっくりこないこともあるのですが、例えが旨いと理解できますよね。

「愛してくれる○○」これもいいですね!
Posted by アクシスエボリューション田中伸一アクシスエボリューション田中伸一 at 2009年02月23日 18:01

人事評価,人事考課コンサルタント コーチングセミナー コーチングセミナー講師